審美歯科ホワイトホワイトのキャンペーン

ラミネートベニア治療
~少ない負担で色や歯並びをキレイに~

ラミネートべニアとは

ラミネートベニア治療とは、歯の表面をごく薄く削り、セラミック製のシェル(薄片)を貼り付ける治療法です。歯を削る量が少なく、神経も削ることがないので、少ない負担で行うことが出来る治療法です。

薄く削った歯の表面にラミネートベニアを貼り付けますが、特殊な接着剤で貼り付けますので、はがれてしまう心配はありません。ホワイトニングでは落とせない歯の変色も、ラミネートベニアならキレイにすることが出来ます。

ラミネートべニアのシェルと、横から見たシェル

ラミネートべニアが適したケース

  • テトラサイクリン歯などの変色が強い歯
  • すき間のある前歯
  • 摩耗してしまった歯
  • 矮小歯のような小さい歯
  • 通常のホワイトニングよりも、歯を白くしたい方

総院長によるカウンセリングを行います

ラミネートベニア治療を行う前に、きちんとしたカウンセリングを行っています。ご希望の色や形を細かくお伺いし、治療の手順を丁寧に説明します。

治療中にも各段階で細かな調整を行いながら、1人1人のご希望に沿った、最大限美しさを引き出せる治療をご提供します。

色へのこだわり

シェルのグラデーション

ラミネートベニアのシェルはとても薄く、ご自分の歯の色が透ける程です。歯の色が透けた時に、もっとも美しく見えるように色みを調整し、ラミネートベニアの表面に、何層ものグラデーションをかけていきます。

また、ラミネートベニアのシェルの先端にはツヤと透明感を入れ、より自然に仕上げています。ラミネートベニアを貼り付ける接着剤の色にもこだわり、ご自分の歯と見分けのつかない色みとツヤに仕上がるように、治療を行っています。

セットへのこだわり

歯の長さをそろえる

前歯3本を並べた時に、下のラインをそろえます。一番短いのは2番目の歯。次は1番目の歯。もっとも長いのは3番目の歯の先端です。

そしてこれらのラインの幅は0.5mmずつ。この幅と、長さ関係をそろえることで、ラミネートベニアをセットした後に、歯並びがとても美しく見えるのです。

内側は鋭角気味に、外側はやや丸く

前歯の先端の形は、左右対称ではありません。隣の前歯と接している内側はやや鋭角ぎみに、外側は少し丸みを帯びた形になっています。こうした、歯本来の形を忠実に再現することで、他の歯と見分けがつかない程の仕上がりが期待できます。

全体の歯軸のラインを整える

上の写真でも見えるように、3番目の前歯はやや内側を向いています。同じように、1番目と2番目の前歯も、やや内側を向いているのが本来の歯軸(しじく:歯の縦ラインの中心軸)になります。

歯軸のラインをずっと下に延長していくと、ある位置で1点に集約されます。これが本来の歯軸のラインで、ラミネートベニアをセットするときも歯軸のラインを忠実に再現します。ラインの角度には個人差がありますので、お口を開けた時に、もっとも美しく見えるよう、歯軸を調整していきます。

接着剤の色にもこだわる

ラミネートベニアのセットには、特殊な接着剤を使用します。ラミネートベニアはシェルが薄いため、セットした際に歯の色・接着剤の色・シェルの色が理想の色と透明感になるように仕上げなければいけません。

接着剤にはいくつか色味があるので、もっとも美しく仕上がる色を見つけるためにトライインという試し付けを行って接着剤を決めます。特にテトラサイクリン歯の治療の場合、歯の着色が透けて見えないよう、色を遮断する働きを持った接着剤を使用し、白く明るい色になるように仕上げていきます。

ホワイトニングとの差額分を負担

ホワイトニング治療費を当院が負担!
真っ白な歯にしたいけれど、ホワイトニング治療とセラミック治療で迷う…そんな方に、嬉しいシステムをご用意しました!
ホワイトニング治療後1ヶ月以内に同じ歯にセラミック治療を行う場合、セラミックをセットした歯のホワイトニング料金をホワイトホワイトが負担します。
治療のご選択で迷われている方、ぜひご相談下さい!

治療後も安心の保証とメンテナンス

ホワイトホワイトでは、半年に1回のセラミックチェックを行っております。(1回¥5,000/税別)お口全体の噛み合わせやエアフローによる清掃などを行い、いつまでも美しい状態のセラミックをキープ出来るメンテナンスです。このチェックを受けて頂くと、5年間、通常使用時の万が一の破損などに無料で再治療をさせて頂きます。

セラミックチェックの内容
・中心咬合位、前方運動、側方運動時の噛み合わせチェック
・セラミック部分のポリッシング
・エアフローによる歯面清掃
・お口全体の虫歯チェック

治療例を見る

関連記事