差し歯治療(クラウン治療)

以前の差し歯治療の変色など…お悩みですか?

以前の差し歯治療の変色などで、お悩みではありませんか?素材にプラスチックや金属が含まれているタイプの差し歯は、治療後数年で変色や変形、歯ぐきの黒ずみなどを引き起こしてしまいます。

古い差し歯などが変色した例。キレイな口元に整えるにはオールセラミックのタイプのクラウン(かぶせ物)での再治療がオススメです。

「差し歯」は古い言葉?
「差し歯」は、現在の歯科治療では使われなくなった古い言葉です。正式名称は「歯冠継続歯(しかんけいぞくし)」といい、差し歯はその俗称として広く親しまれていました。根っこ(歯根部分)に差し込むようにして人工の歯をセットする治療方法だったため、差し歯という名前で広まったと言われています。現在は「差し歯治療」と呼びながらも、治療方法はクラウンによるかぶせ物の治療を行っているクリニックがほとんどです。

「差し歯」を治すクラウン(かぶせ物)治療・再治療

差し歯の治療法は、神経を取り除いたところに、人工の歯に支柱を立てたものを差し込むようにセットします。人工の歯と支柱はセットになっており、特殊な接着剤で歯根部分にセットします。

差し歯治療が無くなってしまった理由として、根っこが割れてしまったり、人工の歯が取れてしまうなどの弊害が多かったことが挙げられます。また根の治療が不十分なために治療後数年経って痛みが出たり、差し歯をセットした部分のすき間に虫歯が出来てしまうケースも多く見られます。

現在の治療法は、神経を取り除いた部分をきれいに消毒し、グラスファイバーなどでまず「土台」を立てます。(写真はグラスファイバー製の白い土台です)

「土台」の上に「かぶせ物」と言われるクラウンを、特殊な接着剤でセットします。「土台」と「かぶせ物」の2段構造になることで、より精密な治療を行うことができ、セットした時の安定感も格段に上がりました。今では「差し歯治療」と言っても、このように土台とかぶせ物により治療を行う治療法が主流となっています。

金属やプラスチックを含まないクラウンで、キレイに再治療

ホワイトホワイトでは差し歯の再治療に、金属やプラスチックを含まないタイプのクラウンを使用します。また土台には白いグラスファイバー製の土台を立てます。長期にわたって変色などを起こさず、本来の歯のような透明感と、白く明るい仕上がりをキープすることが出来ます。

また治療後にはメンテナンスを行っており、半年の定期メンテナンスを受けて頂くことで5年間の完全保証の体制を整えています。

ページ上部の右側でご紹介したケース。かぶせ物の変色やブラックマージンもキレイになりました

ページ上部の左側でご紹介したケース。かぶせ物の変色もオールセラミッククラウンで自然な明るさに

ブラックマージンの状態から、土台・かぶせ物を再治療してキレイになったケース

クラウン治療は他にも、土台に金属製のメタルコア、クラウンにはプラスチックや金属を含むメタルセラミッククラウンやレジンジャケットクラウンなど、様々なタイプのものががあります。

治療後も長く美しい状態をキープされたい方は、オールセラミックのクラウンに、グラスファイバー製の土台を選択される治療法をオススメします。

ホワイトホワイトならではの、真っ白な口元治療も可能

治療では、ご希望の色や明るさになるように調整してセットすることはもちろん、お1人お1人のお顔全体のバランスに合わせて角度やサイズを整えます。自然な白さや明るさ・透明感にこだわりながら、ご希望の方には某野球選手のような真っ白な仕上がりにすることも可能です。

野球選手のような真っ白な歯にセットしたケース

長期に渡って自然で、白く明るくお口元をキープされたい方、ご自身のお顔にあった口元で、さらに笑顔に自信を持ちたい方、以前の治療の変色などが気になっている方は、ぜひ一度、ホワイトホワイトにご相談ください。

クラウンのこだわりを見る