恵比寿本店 ルミネ新宿店 ルミネ有楽町店

マウスピース矯正のメリット・デメリット

メリット

  • 装置が透明なので、他人に気づかれずに歯並びを整えられる
  • いつでも取り外せるから衛生的
  • ワイヤー矯正に比べ、虫歯や歯周病のリスクが低い
  • 食べ物を選ばずに食事ができる
  • 通院回数が少なく、短期で歯並びを整えることができる
  • 痛みが少ない
  • 金属アレルギーでも安心して行える
  • ホワイトニングや虫歯治療も並行して行える

最大のメリットは、いつでも取り外せること。そして装着時に目立たないことも大きなメリットです。

今までの矯正治療はワイヤーやブラケットなどが必須でしたが、マウスピース矯正なら装着するのは透明なマウスピースのみ。人前で装着していてもほとんど気づかれることが無い位、目立たずに歯並びを整えることが出来ます。

いつでも取り外しができるという点は、歯を清潔に保つ上でもポイントです。せっかく歯並びが整っても、治療中に虫歯が出来てしまっては審美的にもマイナスです。食事時や歯を磨くときにマウスピースを外すことで、汚れなどを溜め込まずに歯並びを整えることが出来るのです。

またワイヤー矯正よりも治療期間が短く、痛みを抑えた歯並び治療が出来る点も人気を集めています。

デメリット

  • 歯並びによっては治療できない
  • 装着時間を守らないと効果が得られにくい

マウスピース矯正のデメリットは、適用症例がワイヤー矯正に比べて少ないこと。加えて専門医が限られることもデメリットに挙げられます。

歯並びによっては、マウスピース矯正では整えることが出来ないケースがあります。目立たずキレイに歯並びを整えたいと来院される方は多くいらっしゃいますが、カウンセリングの段階で可能かどうかをドクターがきちんと見極める必要があります。

スタートした後にマウスピースだけでは歯並びが整わないと分かり、トラブルになるケースも見られます。マウスピース矯正に精通したドクターによる、的確な診断が欠かせない矯正治療と言えるでしょう。

またマウスピースはいつでも取り外すことが出来るため、つい面倒になって装着時間を短くしてしまいがちです。1日のうち20時間ほどは装着することが望ましいので、きちんと装着時間を確保できない場合には治療の完了が難しくなってしまいます。

マウスピース矯正は保険がきかない自費治療です。またセラミックで行う歯並び治療などと比較した場合、治療完了までの時間が長くかかります。歯並びを整える審美歯科の施術法は複数ありますので、スケジュールやご希望をお伝えいただき、最適なプランを一緒に考えていきましょう。

マウスピース矯正に戻る

関連記事

関連メニュー