恵比寿本店 ルミネ新宿店 ルミネ有楽町店

ホワイトニングQA

Q:虫歯があってもホワイトニングは出来ますか?


虫歯があってもホワイトニングを行うことは可能です。一般的にホワイトニングは、前歯の表側の見える範囲に行います。見える範囲といっても個人差があり、お口や歯の大きさ、口角の上がり具合などによって変わりますので、鏡をご覧いただき、ご希望のホワイトニング範囲を一緒に決めていきます。

平均的には、上下の前歯6本ずつの計12本もしくは、上下の前歯8本ずつの計16本を選択される患者さまが多いです。また上の前歯6本と下の前歯8本の計14本という選択も人気です。下の前歯の本数が多くなるのは、下の前歯の方が1本の大きさが小さく、見えやすい位置にあることによります。

虫歯の範囲によって施術が変わります

そして歯に虫歯がある場合ですが、歯と歯の間などにある小さな範囲のものであれば、まずホワイトニングを行い、白くなった周囲の色に合わせてプラスチックの詰め物を詰める治療をおすすめしています。この場合ですと、1日で治療は完了します。

虫歯の範囲が大きかったり、虫歯によって神経が死んで歯が変色してしまっている場合などには、歯全体のセラミック治療を行い、周囲の歯へのホワイトニングをおすすめしています。特に神経が死んでしまっている歯へのホワイトニングは効果がありません。また虫歯による痛みがひどい場合や進行性の虫歯の場合には、どの施術よりも先に虫歯治療を行うことをおすすめします。このような治療が必要な虫歯が前歯にある場合にはセラミッククラウン、奥歯にある場合にはセラミックインレーとなる場合が一般的です。セラミック治療の仕上がりは、ご自分の歯と同じくらいの透明感・ツヤ感のある仕上がりになりますので、多くの方に好評をいただいています。

虫歯の状態をまずはチェックしましょう

まずはカウンセリング時にお口の中の状態を確認させていただき、虫歯のチェックをさせていただきます。また仕上がりのご希望などを丁寧にお伺いしてから最適な治療プランをご提案させていただきますので、ご安心ください。どうぞお気軽にご相談ください。

Q&A一覧に戻る

関連メニュー