デンタル クリーニング

デンタルクリーニングとは

デンタルクリーニングとは、歯を削ることなく、表面の汚れを落とし、歯をキレイにする施術です。タバコのヤニ汚れや、歯磨きでは落ちない汚れを、キレイに落とすことが出来ます。

ホワイトホワイトでのデンタルクリーニングでは、治療後に歯のトリートメントケアも行いますので、見た目がキレイになるだけでなく、施術後の歯のツヤツヤ感に驚かれる方が多くいらっしゃいます。

デンタルクリーニングの流れ

1.表面の汚れを落とす

ホワイトホワイトでは、エアフローという専用の機械を使用して、デンタルクリーニングを行います。

エアフローとは、水と空気とパウダー(レモン味)を高圧で吹きつける機械で、日常の歯磨きでは取れない歯垢(しこう:歯のアカ)や茶渋、タバコのヤニなどの汚れをキレイに落とした後、丁寧に歯石を除去してくれる機械です。

2.トリートメントケア

エアフローの施術後は、ハイドロキシアパタイトをナノ粒子化したペーストを使用して、歯のトリートメントケアを行います。

このペーストは歯に栄養分を補給して、歯の表面にあるミクロの傷を修復してくれます。トリートメントケアを行うことで、歯の表面の凹凸(おうとつ)がなめらかになり、歯の表面に汚れが付きにくくなります。

3.フッ素イオン導入

歯の内部にまでフッ素を取り込ませる機械を使用して、歯にフッ素を導入します。フッ素を取り込ませることで、歯が強くなり、虫歯予防にもなり、さらにホワイトニングの効果もアップします。

マイナスイオン状態のフッ素を取り込ませると、ただフッ素を塗っただけの場合と比べて、約5倍もの量を歯に取り込ませることが出来るのです。

オプション~ガムマッサージ~

ご自分ではケアがしにくい歯肉の状態をチェックし、健康な歯肉を保てるよう、専用の歯ブラシを使って歯肉のマッサージを行います。歯肉(歯ぐき)の腫れや出血が気になる方に特におすすめしています。