ご予約 写メ相談

審美歯科ホワイトホワイトのキャンペーン

審美歯科ならではのインプラント治療

根元が無くても歯を美しく補う治療

インプラント治療は、歯の抜けてしまった所に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療法です。高度な外科手術が伴う審美歯科治療ですが、ドクターの高い技術と徹底した衛生環境での手術によって、十分カバーする事が出来ます。

治療の前には、必ずCTスキャンとレントゲン検査を行い、インプラント植立に十分な骨の状態であるかをチェックします。

インプラントは人工歯根部・連結台部・人工の歯の3段構造になっています。外科手術を伴う治療ですが、一般的には歯を抜くよりも治りが早いと言われています。

インプラントのメリット

  • ブリッジの様に、健康な他の歯を削る必要がありません。
  • 骨にしっかりと結合させるので、入れ歯のようにズレたり浮く事がありません。
  • 人工の歯を調整し、残りのご自分の歯と見分けが付かない位自然に仕上げる事が出来ます。
  • きちんとしたケアを行えば、インプラントは長期的に保たせる事が可能です。
  • ホワイトホワイトでは半年に1度のチェックと、10年保証の体制を整えています。

専門チームによる安心のインプラント治療

  • カウンセリングから実際の施術までを総院長・専門ドクターを始めとしたインプラントチームが一貫して行います。
  • 事前検査には、レントゲンのみでなく必ずCTスキャンを実施します。骨の立体的な構造を把握する為に、必要不可欠な検査です。
  • 施術は、完全な衛生環境の下で行います。麻酔は局部麻酔ですので、ご安心ください。
  • 短期の完了ではなく、長期的な患者さまのメリットを重視しますので、インプラントの固定までに十分な期間をとっております。
  • 人工の歯はセラミックのタイプで、日本有数のセラミック専門技工士がカスタムメイド致します。経年劣化を起こさず、長期に渡って自然な透明感と美しさをキープする事が出来ます。
  • 治療後はインプラントを長く保つためのケアを行います。半年に1回程度の検査をお勧めしており、術後の悩みや疑問にも、詳しくお応え致します。

インプラントと差し歯の関係
失ってしまった歯を補う方法として確立されたインプラント治療ですが、厳密には「インプラント」は歯の根元の部分を補うものです。歯の上部、目に見える部分にはクラウン(かぶせ物)による、審美的な「差し歯」治療を行います。

→差し歯治療について、詳しくはこちら
→ブリッジでの治療と迷われている方へ

実際のインプラント治療風景

当院のインプラント治療では、院内をきちんと消毒し、滅菌状態にしてから施術を行います。施術には最先端の治療技術と機器を使用し、専門の外科ドクターが施術の指揮をとります。

インプラント治療に欠かせない事前のCT検査でも、専門ドクターの所見に基づき治療計画を進めていきます。インプラントが安定してからは、上部構造をオールセラミックにてセットします。上部構造には審美性の高いジルコニアを使用しており、周囲の歯と見分けのつかない仕上がりが大変好評です。

外科の専門ドクターと総院長が常に連携を取りながら治療を進めることで、1人1人の患者さまの状態や理想の仕上がりを共有でき、患者さまへの安心感にもつながっています。

事前カウンセリングはもちろん、治療の途中でも疑問の点にはきちんとお答えしますのでどうぞご安心下さい。

インプラント治療の流れ

1.まずはカウンセリング(無料)

ご希望の歯並びや植立の位置、現在のお悩みなどをお聞きします。手術の不安や疑問点も、丁寧にお答えします。

2.初診・精密検査

病歴や健康状態に関する問診を行います。レントゲン・CTスキャンの撮影を行い、歯型をとり、立体的な骨の状態を把握します。

3.診断・治療計画のご説明

精密検査をもとに、具体的な治療計画や費用について、ご説明します。気になる点は、お気軽にご相談下さい。デンタルローンや各種カードのご利用にも対応しております。

4.インプラントの埋め込み(施術開始)

インプラントを埋め込むスペースを確保し、周囲の歯の形や角度に合わせて、インプラントを埋め込みます。部分麻酔による外科手術になります。

治療中の痛みなどが不安な方には、眠ったようにリラックスした状態で施術を受けられる「静脈内鎮静法」をご提案しております。お気軽にご相談ください。

5.インプラントの安定期間

インプラントを埋め込んだら歯ぐきでフタをし、3~6ヶ月待ちます。治癒期間と呼ばれるこの時期に、インプラントと骨が結合します。

6.人工の歯を被せる

インプラントが安定したら、歯ぐきを開き、インプラントと被せ物をつなぐ装置をつけ、ジルコニアを使用したセラミッククラウンを被せます。セラミッククラウンは金属やプラスチックを含まない審美性に優れたものを使用しますので、治療後の変色・変形は起こりません。

※ご紹介したものは「2回法」と呼ばれるインプラント治療法です。実際は、患者さまのお口の状態に合わせて治療方法を検討します。

施術が痛い・怖いと不安をお持ちの方へ「静脈内鎮静法」

歯科中の痛みや音などが怖いと不安を感じる方は多くいらっしゃいます。

基本的に術中は部分的に麻酔を施しますが、それでも音が聞こえたりすることが不安で治療への一歩を踏み出せないケースもあります。

ホワイトホワイトではそんな方々のために、眠ったような状態で施術を行うことができる設備を整えています。

静脈内鎮静法とは

静脈内鎮静法に使われる、専門の機器

静脈内鎮静法は、全身麻酔とは違うものです。完全に意識がなくなることはなく、リラックスして眠っているような状態になり、呼びかけなどには反応できる程度の鎮静状態になります。

入院などの必要もなく、眠気やふらつきが落ち着き次第ご帰宅いただけます。静脈内鎮静法を施している間は歯科麻酔医のもと、血圧計・心電図の測定を行い、全身状態を常にチェックしています。

またインプラント治療では専門の外科ドクターと総院長が、複数本のセラミック治療では総院長が治療を行いながら進めていきます。術前のご不安にもきちんとお答えしてからスタートしますので、安心して受けていただけます。

このような方々にオススメしています

  • 施術中の音や感覚が不安な方
  • 痛みに敏感で、治療を受けるか迷われている方
  • 他人に口の中に手を入れられることで、吐き気が起こる方
  • 寝ているような、リラックスした状態で処置を終わらせたい方
  • インプラント治療やセラミック治療などを、まとめて複数本治療される方

治療後も安心の保証とメンテナンス

当院では、半年に1回のインプラントチェックによる10年保証をお約束しています。

インプラントチェック詳細へ

インプラント治療例

治療例を見る

関連メニュー