ブラックマージンの治療について

 


以前に治療を行った歯の根元や、歯ぐきが黒ずんでしまっていませんか?
セットした被せものや土台にプラスチックや金属が使用されていたりすると、
それらの成分が元となって、歯と歯ぐきの間を黒く変色させてしまうことがあります。
この黒いラインをブラックマージンと呼びます。

ブラックマージンでお悩みで、キレイにされたいとご希望で来院される方は、とても多くいらっしゃいます。
ブラックマージンをキレイに治療する上でのポイントや実際の治療例などをご紹介します。



どんな状態をブラックマージンと呼ぶ?

状態や程度、治療後の期間は様々ですが、治療を行った歯の根元が黒くなってしまったと、
ご相談に来院される方はとても多くいらっしゃいます。
虫歯などとは違って痛みはありませんが、笑った時などに目立ってしまうので、キレイにしたいと皆さまご希望されます。

ブラックマージン例01 ブラックマージン例02 ブラックマージン例04 ブラックマージン例03


ブラックマージンの原因

原因は様々ありますが、もっとも多いタイプは、被せものの裏側が金属で構成されているものをセットし、
治療後歯ぐきが下がったりしてしまうことで、金属部分が露出して見えるものです。
他にも、土台部分に使用された金属の成分が歯ぐきに流出して歯ぐきを変色させてしまったり、
被せものをセットする際に歯ぐきの内側に適切にセット出来なかったりしたことも原因になります。

これらの状態は、被せものと土台にまったく金属やプラスチックを含まないものを再セットすることで、
元の健康的な歯ぐきに戻すことが出来ます。
また当院では、総院長が高い治療技術で被せものを歯ぐきの内側0.5mmにセットしますので、
自然で美しい状態に仕上げることが出来ます。

ブラックマージン治療のポイント

まず現在のお口の状態を確認し、黒ずみの原因となっているものを探します。
基本的には神経もしくは土台、被せものの再治療を行います。

治療に用いる素材は、被せものは金属やプラスチックを含まないオールセラミックのものです。
土台にも金属を含まない、グラスファイバー製の白いポストコアを使用します。
治療を行う過程で歯ぐきの色は回復し、治療が終わる頃には、歯の根元や歯ぐきの変色は改善されています。
元の自然で健康的なお色に戻り、セットした歯は白く明るい、自然な透明度を持った仕上がりになります。

ブラックマージン例01 ブラックマージン治療例01

ブラックマージン例02 ブラックマージン治療例02

ブラックマージン例04 ブラックマージン治療例04


ブラックマージン例03 ブラックマージン治療例03

先ほどご紹介した方々の治療前後のお写真です。
白く自然な状態に仕上がり、ブラックマージンは見られなくなっています。

上から2番目の治療ケースのように、ブラックマージンの治療と合わせて周囲の歯もキレイにすることで、
お口を開けたときに見える部分を思い切った明るさにすることも出来ます。
1本だけが明るいと不自然に見えてしまいますが、左右対称に、見える部分をまとめて治療することで、
ご希望の白く明るいお色に仕上げることが出来ます。

全ての治療に共通したこだわり

セラミック治療を行う際に、歯ぐきの内側0.5mmから立ち上げたり、
セラミックの細かな色味のグラデーションにこだわったりと、高度な技術と良質な素材のみをご提供しています。
施術は総院長が直接行い、お顔や唇のラインに合わせて、もっとも美しく見える状態に仕上げています。

セラミック治療のこだわりをチェックする

またホワイトニング治療との併用により、より白く明るい色のセラミックをセット出来る治療プランもご用意しています。

ホワイトホワイトがもっとも大切にしていることの1つは、患者さまお1人お1人との信頼関係を築き、
ご希望の仕上がりイメージを共有して、綿密なキャッチボールを行いながら治療を行うことです。
大量生産型のクリニックでは行えない、お1人お1人にオーダーメイドの治療プランをご提案し、
美しさを最大限に引き出す治療をご提供致します。

無料カウンセリングでも、お悩みやご希望を詳しくおうかがいしますので、ぜひご相談にいらして下さい。
あなたのキレイを一緒に考えていきましょう。


ブラックマージンの再治療について、総院長が詳しい説明をブログに書いています。

 

ページの先頭に戻る