恵比寿本店 ルミネ新宿店 銀座店

審美歯科治療で歯を白くしたい

「白く輝くきれいな歯になりたい」というご希望は、審美歯科の中で最も代表的なご希望として挙げられます。

白い歯になるための審美歯科治療には、白さの度合いに応じて適した施術が異なりますので、カウンセリングの際に患者様とクリニック側が仕上がりのイメージをきちんと共有することが大切です。

例えばご希望が、「不自然な雰囲気ではなく清潔感のある白さにしたい」と「多少人工的でもかまわないので真っ白な歯にしたい」とでは、求めている白さが全く違いますので、それぞれに合った施術の選択をしていただくことが大切です。

歯を白くする審美歯科治療の種類

  • ホワイトニング
  • ラミネートべニア
  • セラミック治療

ホワイトニング

ホワイトニングとは、ご自身の歯を削ることなく、専用の薬剤つかって歯の黄色みを分解して白くする審美歯科治療です。

日本人の歯は元々黄色みがかっている特徴がありますので、その黄ばみをとることで自然なイメージの白さにすることが可能です。

ホワイトニングには、クリニック内で歯科医師又は歯科衛生士などの歯科医療従事者が行うオフィスホワイトニングと、ご自宅でマウスピースにジェルを付けてはめていただくホームホワイトニングの2種類に大別されています。

オフィスホワイトニングは術前の状態からどの程度の白さにしたいかに合わせて施術回数を調整することができ、限界値(これ以上は白くならない状態)までは3~5回程の施術が平均的な回数です。

また、ホームホワイトニングはご自身のペースで行うことができますので、初めてのホワイトニングでしたら2~4週間程度の連続使用で効果を実感することができます。

歯を白くする審美歯科治療の中で、ホワイトニングはご自身の歯を削ったり、むし歯になりやすくなるなどのリスクがなく、自然な白さの歯にすることができる施術です。

ホワイトニングへ

ラミネートベニア

ラミネートベニアとはご自身の歯の表面を一層削り、薄いシェル状のセラミックを貼り付ける審美歯科治療です。

ホワイトニングで改善することの難しい、重度なテトラサイクリン歯(抗生物質による変色歯)の気になる方や、前歯の軽度な隙間を埋めることも可能です。

白さの度合いもホワイトニングの限界値以上の白さから自然な白さまで選ぶことが出来るので、なりたいイメージに合わせた白さを手に入れることができます。

セラミックをセットしたいけれど歯をあまり削りたくないという方や、歯並びに問題がなく、神経を残したままセラミック治療をしたいという方に選ばれています。

ラミネートべニアへ

セラミック治療

自由診療。治療期間、費用、施術の流れ、仕上がりに関しては個人差があります。シンプルデザインセラミック1本¥108,000。治療期間約2ヶ月半。
副作用(リスク):一時的に歯がしみたり、かみ合わせの違和感を感じることがあります。

セラミック治療は、ご自身の歯を削り土台の上にセラミッククラウンを装着する審美歯科治療です。歯並びに問題がない場合は、神経を残した状態で治療することができます。

歯並びも整えたい場合は、神経の処置を行ったのち、補強の白いファイバーの土台をたてた上にセラミッククラウンを装着します。こちらは「セラミック矯正」とよばれる審美歯科治療です。

従来のワイヤー矯正とは異なり、数か月で歯並びと歯の色をまでをきれいにすることができるので、最近とても需要が高まっています。白さの度合いは、ラミネートベニアと同様に選んでいただくことができます。

セラミッククラウン治療へ

セラミック矯正へ

理想の白さに近づける審美歯科治療は?

それぞれの治療には白さの度合いと、歯を削る・削らないなどの特徴があります。

選択する際には特徴をしっかり把握していただき、ご自身の優先事項に合わせた治療を受けていただくようご案内させていただきます。

関連記事

関連メニュー