ご予約 写メ相談

ガミースマイルを治したい

ガミースマイルとは

ガミースマイルとは、笑ったときに歯ぐきが見えすぎてしまう状態のことを言います。

一般的に、歯ぐきが1~2mm程度見えている場合にはガミースマイルとは言われず、3mm以上見えている場合に用いられる歯科用語です。歯並びはそれほど悪くないのに、歯ぐきが必要以上に見えすぎてしまうことにより、思いっきり笑うことに抵抗をお持ちの方や、ついつい口元を手で隠してしまう癖がついてしまったという方も少なくないようです。

ガミースマイルになってしまう原因は、上顎の骨が長くて前に突き出しているケースやお口周りの筋肉が発達しすぎているケースが多く、遺伝するとも言われています。

また、審美的観点以外の問題点も見受けられます。噛み合わせや歯並びが原因の場合は、食べ物が挟まりやすく、むし歯や歯周病のリスクが高くなります。

さらに、歯の向きが前方に突出している場合(いわゆる出っ歯の場合)は、口が閉じにくくなることによって口の中が乾燥し、口臭の原因につながることもあります。

出っ歯を改善すると、横顔のラインもキレイに

ガミースマイル治療のポイント

当院では、どの程度の仕上がりをご希望されていらっしゃるかで、施術方法を選択していただくことが可能です。

ガミースマイル完全に治したお口元に整えたい場合と、ガミースマイルを一つの個性として残しつつ、キャラクターを生かしたい場合では施術方法が変わってきます。

もちろん、その方のガミースマイルを引き起こしている原因によって適した施術方法も変わってきますので、しっかりとした診断が重要になります。

具体的な施術方法とメリット・デメリット

具体的な施術方法として、以下のメニューが挙げられます。

  • 唇にボトックス注射
  • 骨切り治療
  • 歯肉整形+セラミック治療(=セラミック矯正)
  • 歯肉整形+セラミック治療+骨整形(歯槽骨整形術)

それぞれの方法には特徴があり、メリット・デメリットについて簡単にご紹介します。

ボトックス注射

ボトックス注射は比較的体への負担が少なく、施術箇所を休ませるダウンタイムの期間がありません。ですが効果の持続期間に限りがあり、注射をやめると次第に元に戻ってしまいます。

骨切り治療

骨切り治療は重度のガミースマイルの方に適応でき、元に戻ってしまうことはありません。ですが術後の出血や腫れが引くまでに最低2週間は必要です。入院して行う場合もあるため、体への負担が大きいとされています。

歯肉整形+セラミック治療(+骨整形を含む)

最後に、歯肉整形+セラミック治療(+骨整形を含む)の組み合わせ治療ですが、こちらの方法は、最も多くのガミースマイルの方に適応可能です。当院ではこちらの組み合わせで施術を行っております。

具体的な施術の流れは、局所麻酔を行った状態で電気メスを使い、歯ぐきのラインを整えます。(歯肉整形)その後、セラミックの被せ物をセットします。ダウンタイムがなく、数ヶ月程度で歯の色、形、並びまでをきれいに整えることが可能ですので、短期間での治療をご希望の方に適しています。

麻酔をしてから施術を行いますので、施術中の痛みもありません。また処置直後は歯ぐきのラインを調整した状態に合わせて、ピッタリとした仮歯を入れてお帰りいただきますので、術後の不快感や違和感もありません。

骨整形を同時に行う場合は、骨を削るので歯ぐきを大きく除去することができますが、術後の出血や腫れ等のダウンタイムが必要になります。

理想の口元で、自信を持った笑顔に

現在当院では、短期間で理想の口元を手に入れることが可能な"セラミック矯正"の需要が高まっています。ガミースマイルではない方でも、歯ぐきのラインがズレている方は、歯肉整形を同時に行うことで、真っすぐできれいな歯ぐきのラインに整えることができます。

ガミースマイルを含めた様々なコンプレックスをお持ちでご相談に来院される方は多いですが、適切な治療をお受けいただくことで、理想のお口元を手に入れることが可能です。歯肉整形を含むセラミック矯正は身体への負担が少なく、治療後の後戻りの心配もない方法ですので、お悩みの方は一度カウンセリングで理想のご自分について、相談されてみてはいかがでしょうか?

あなたも、輝く笑顔を手に入れて、思いっきり笑ってみませんか?

関連記事

関連メニュー