ご予約 写メ相談

ラミネートベニア治療へのこだわり

ラミネートべニアとは

ラミネートベニアとは、歯の表面をごく薄く削り、セラミック製のシェル(薄片)を貼り付ける治療法です。歯を削る量が少なく、神経も削ることがないので、少ない負担で行うことができます。

薄く削った歯の表面にラミネートベニアを貼り付けますが、特殊な接着剤で貼り付けますので、はがれてしまう心配はありません。ホワイトニングでは落とせない歯の変色も、ラミネートベニアならキレイにすることが出来ます。

ラミネートべニアのシェルと、横から見たシェル

ラミネートべニアが適したケース

  • テトラサイクリン歯などの変色が強い歯
  • すき間のある前歯
  • 摩耗してしまった歯
  • 矮小歯のような小さい歯
  • 通常のホワイトニングよりも、歯を白くしたい方

総院長によるカウンセリングを行います

ラミネートベニア治療を行う前に、きちんとしたカウンセリングを行っています。ご希望の色や形を細かくお伺いし、仕上がりまでの手順を丁寧に説明します。

治療中にも各段階で細かな調整を行いながら、1人1人のご希望に沿った、最大限美しさを引き出せる治療をご提供します。

色へのこだわり

シェルのグラデーション

ラミネートベニアのシェルはとても薄く、ご自分の歯の色が透ける程です。歯の色が透けた時に、もっとも美しく見えるように色みを調整し、ラミネートベニアの表面に、何層ものグラデーションをかけていきます。

また、ラミネートベニアのシェルの先端にはツヤと透明感を入れ、より自然に仕上げています。ラミネートベニアを貼り付ける接着剤の色にもこだわり、ご自分の歯と見分けのつかない色みとツヤに仕上がるように、施術を行っています。

セットへのこだわり

歯の長さをそろえる

前歯3本を並べた時に、下のラインをそろえます。一番短いのは2番目の歯。次は1番目の歯。もっとも長いのは3番目の歯の先端です。

そしてこれらのラインの幅は0.5mmずつ。この幅と、長さ関係をそろえることで、ラミネートベニアをセットした後に、歯並びがとても美しく見えるのです。

内側は鋭角気味に、外側はやや丸く

前歯の先端の形は、左右対称ではありません。隣の前歯と接している内側はやや鋭角ぎみに、外側は少し丸みを帯びた形になっています。こうした、歯本来の形を忠実に再現することで、他の歯と見分けがつかない程の仕上がりが期待できます。

全体の歯軸のラインを整える

上の写真でも見えるように、3番目の前歯はやや内側を向いています。同じように、1番目と2番目の前歯も、やや内側を向いているのが本来の歯軸(しじく:歯の縦ラインの中心軸)になります。

歯軸のラインをずっと下に延長していくと、ある位置で1点に集約されます。これが本来の歯軸のラインで、ラミネートベニアをセットするときも歯軸のラインを忠実に再現します。ラインの角度には個人差がありますので、お口を開けた時に、もっとも美しく見えるよう、歯軸を調整していきます。

当院では接着剤の色にもこだわります

ラミネートベニアのセットには、特殊な接着剤を使用します。ラミネートベニアはシェルが薄いため、セットした際に歯の色・接着剤の色・シェルの色が理想の色と透明感になるように仕上げなければいけません。

接着剤にはいくつか色味があるので、もっとも美しく仕上がる色を見つけるためにトライインという試し付けを行って接着剤を決めます。特にテトラサイクリン歯の治療の場合、歯の着色が透けて見えないよう、色を遮断する働きを持った接着剤を使用し、白く明るい色になるように仕上げていきます。

治療後も安心の保証とメンテナンス

当院では、半年に1回のセラミックチェックによる5年保証をお約束しています。

セラミックチェック詳細へ

ラミネートべニアのメリット・デメリット

メリット

ラミネートべニアの最大のメリットは、歯の神経を残したまま歯並びや歯の色、形を整える施術が出来る点です。

歯の表面のみを薄く削り、専用のシェル(セラミックの薄片)をセットする歯科治療がラミネートべニアです。神経を残した施術を行いたい方はもちろん、歯を削る量を最小限に抑えたい方、身体への負担を少しでも軽くされたい方にもお勧めです。

ラミネートべニアの施術で多いケースは、前歯2本の間の隙間を埋めるケースや、ホワイトニングでは白くなりにくいテトラサイクリン歯をキレイにしたいケースです。人工八重歯などの仕上がりもラミネートべニアでの治療ケースです。

デメリット

歯を削って施術を行いますので、元通りにはできない点、少しでも歯を削りたくないという方にはお勧めできません。また歯全体を大きく削るセラミック治療よりも高度な緻密さが要求されますので、熟練したドクターによる施術が大切です。

他にも、歯の角度や生えている位置を変える治療など、削る範囲を広くとらなければいけないケースではラミネートべニアは行えません。かみ合わせの調整もポイントですので、特に前歯でのかみ合わせが強い場合、ドクターによる緻密な調整が必要です。審美的な歯科治療に精通している、多くの症例を診ているクリニックを選ぶことがポイントだと言えるでしょう。

ラミネートべニアをセットした歯は、定期的なメンテナンスが必要です。かみ合わせの調整や接着強度のチェック、シェルのツヤだしなどを定期的に行うことにより、キレイなお口元をキープすることが出来ます。

また、ラミネートべニアは保険適用外の自費治療です。高品質なセラミックシェルにより、経年劣化を起こすことなく美しく仕上げることが出来る反面、安価に仕上げることはできません。希望のお口元や予算に合わせたプラン選択が大切です。

ラミネートべニア治療例

治療例を見る

関連記事

関連メニュー