ご予約 写メ相談

 

ラミネートべニア治療例

ケース 05 テトラサイクリン歯を白くしたい

ラミネートべニア治療例05

歯に縞模様が出来てしまう「テトラサイクリン歯」の状態で、ご相談に来院されました。あまり歯を削ることなく、目立つ前歯を白くしたい とのご希望でした。表面のみを薄く削るラミネートべニアでの治療と合わせて、周囲の歯にホワイトニングを行うプランを立てました。

上の奥の歯や下の歯は、4回のホワイトニングコースにより縞模様が薄くなりました。特に歯の先端のグレーの部分が白くなり、笑った時に見える部分が明るい色になりました。

上の前歯6本にラミネートべニアをセットし、全体を明るいお色に仕上げました。色みを細かく調整しながら、ご希望のお色のラミネートをセットします。笑った時に見える部分全体をラミネートべニアにする場合、下の歯や奥の歯の色に左右されることなく、思い切った白さに出来ることがとても大きなメリットです。

セット後にはお口元全体が明るくなり「これで、自信を持って笑えるようになりました。歯もあまり削らず、綺麗になって良かった」と、大変満足して頂けました。

ケース 04 少ない負担で前歯をくっつけたい

ラミネートべニア治療例04

前歯2本が離れてしまい、笑った時に気になる とのお悩みで来院されました。あまり歯は削りたくない とのご希望で、ラミネートべニア治療を選択されました。

角度や、離れている距離にもよりますが、少しの隙間の場合セラミッククラウンではなく、ラミネートべニアで治すことが可能です。ラミネートべニアは表面だけでなく、裏側まで回り込んだ形をしているので、裏側から見たときにラミネートべニアが自分の歯からはみ出しているような状態にはなりません。裏側も自然な状態に仕上がります。

周囲の歯との色や形のバランスを見ながら、調整を行っていきます。セットには左右の歯がピッタリとそろい、自然な透明感とツヤがあります。「こんなにキレイになるなら、もっと早く治療に来れば良かった」と笑顔でおっしゃって頂けたのが、印象的でした。

ケース 03 歯の表面をキレイにしたい

ラミネートべニア治療例03

こちらの方は、歯の表面をキレイにしたい とのご相談で来院されました。軽度の「エナメル質形成不全」の状態で、歯の表面のエナメル質が足りず凹凸のある状態になっています。

上下の歯をキレイにしたい とのご希望で、あまり歯を削らないラミネートべニアで治すことにしました。下の歯のラミネートべニアは難しいと言われていますが、きちんとしたかみ合わせ等の検査と、ドクターの技術力により、とてもキレイに仕上げることが出来ます。

右の写真がセット後です。ラミネートべニアがキレイにセットされ、やや乱れていた歯並びも同時にそろえることが出来ました。笑った時の印象がガラリと変わり、「若く見られることが増えました。」と、大変喜んでいただけました。

ケース 02 歯の変色を白くしたい

ラミネートべニア治療例02

前歯2本が変色してしまい、ホワイトニングでは白くならなかったとご相談に来院されました。また、全体的に歯を白くしたいとのご希望でした。

上の前歯2本にラミネートべニアをセットし、周囲の歯にホワイトニングを行いました。3回のホワイトニングコースで周囲の歯が3段階ほど白さがアップし、そのお色に合わせて、ラミネートべニアをセットします。

セット後には、全体的にとても明るいお口元になり、前歯2本も周囲の歯と見分けがつかない程、自然に仕上がっています。「変色がなくなり、笑う時に口を手で隠す必要がなくなりました」ととても満足して頂けました。お口元全体が明るくなったことで、お顔全体も明るく見えました。

次の症例へ

関連メニュー