恵比寿本店 ルミネ新宿店 ルミネ有楽町店

マウスピース矯正QA一覧

Q:マウスピース矯正とブラケット矯正の違いはなんですか?


一般的な矯正装置は、歯の表側(唇側、頬側)につけるタイプで、歯の表側に接着したブラケットに通したワイヤーの力で歯を動かす方法です。装置は歯に固定したままの「固定式装置」になります。

一方マウスピース矯正とは、顎の歯列全体を覆うを透明な薄いマウスピース状の装置を口に装着することで歯を動かす方法。定期的に装置を交換して、徐々に歯を動かす仕組みです。装置は取り外しができる「可撤式装置」ですが、一日当たりの連続装着時間があります。

マウスピース矯正が登場する以前は、ブラケットの矯正装置が見えるのが嫌な場合、舌側矯正が唯一の選択でした。この舌側矯正治療は外側から装置が見えないという点で優れていますが、しゃべりにくいなどのデメリットがあり、日常生活において不便を感じることが多いことが難点です。開始してから1、2ヶ月は舌が傷だらけになってしまい、食事や会話がしづらくなってしまうために普通の社会生活をしていく際に、支障をきたすという大きな欠点がありました。そしてまた舌側矯正の多くの症例において、小臼歯(前から4番目の歯)を抜かなくてはいけないという点も、かなり大きなデメリットではないかと考えています。

マウスピース矯正の場合には、歯を抜かないで治療できますし、しゃべる時の違和感も舌側矯正と比べるとかなり少ないものなので、社会生活をおくる上でも大きなメリットになります。マウスピース矯正の原則は、ブラッシングの時以外は常時装着していただきます。どうしても大切な仕事やお見合いの時など、やむをえない場合には、取り外していただいても結構ですが、ワイヤー矯正と違って装着していてもそれほど人の目を気にする必要はないかもしれません。

このようにマウスピース矯正はストレスなく、見た目も気になりません。そして審美歯科ならではのプランとして、矯正しながらホワイトニングを行い、歯並びと同時に歯の色も明るく仕上げることが出来ます。 歯並びでお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

Q:マウスピースを装着するとどんな感じですか?痛くないですか?


装着時の痛みについてお答えします。

矯正のマウスピースを入れると、マウスピースが特定の歯に一定の方向の力を加えますので、動かそうとする歯が圧迫される感じがあります。そして、動かそうとする歯の周りは少しきつく締め付けられる感じがします。特に、新しいマウスピースを装着した直後に強く感じます。

しかし、時間とともに歯が動いてくるとすぐに慣れてきます。このきつく締め付けられる感じは、四六時中感じるのではなく、新しい装置を入れて数時間ほどです。以降は、取り外しと装着する際にだけ圧迫感を感じることが多いです。ですから、一日装着してしまえば、装着している時には、殆んど圧迫感も感じなくなります。そして、取り外しの時の圧迫感も、少しずつ弱くなってきて、徐々に感じなくなってきます。

マウスピース矯正治療の大きなメリットは、歯を抜かずに歯並びを整えることができる点です。歯を抜くことは痛みを伴いますので、矯正をするかしないかの判断基準にもなるかと思います。マウスピース矯正において、少しの痛みや違和感を感じるのは、主にマウスピースの取り外しの時です。マウスピースをつけるときには、ある位置まで歯を動かそうとする力が働きますので、当然、歯に圧迫感を覚えます。

逆にマウスピースを外すときには、今まで力がかかって動かされていた歯が、力を解放されて元の位置に戻ろうとしますから、ジワーッと開放感があって、その状態で食事などをすると少し痛みを感じます。ですから一旦マウスピースを装着してしまえば、案外、痛みを感じなくなるものなのです。

マウスピース矯正のメリットのひとつに、ワイヤー矯正よりも痛みが少ないことがあげられると思います。またワイヤー矯正の場合、ワイヤーがお口の中に入っていると食事がしにくかったり、ワイヤーで口の中を切ってしまうなど痛みを伴うことがあります。マウスピース矯正の場合には、食事中にはマウスピースを外すこともできますから、食事はしやすく、食事のブラッシングも通常通りに行えます。当院では審美歯科ならではの、より綺麗な口元になるよう、そして痛くないプランをご提案させていただきます。

Q:マウスピース矯正は1日のうちでどれくらい装着すればいいのですか?


基本的には、ブラッシングやお食事の時以外にはずっと装着していただきます。どうしても大切な仕事の時ややむをえない場合には、取り外していただいても結構ですが、ワイヤー矯正と違って装着していてもそれほど目立ちません。マウスピース矯正は、審美歯科ならではの見た目も重視した矯正といえるでしょう。

矯正治療の基本は、常に同じ方向に向かって弱い力で歯を動かしていくものです。ですので出来るだけ長い時間装着し、歯に力を与え続けることが望ましいです。何時間以上装着しなければ歯は動かない、等ということはハッキリとは線引きできませんが、装着したりしなかったりしていたのでは、治療期間が延々と延びてしまいます。せっかく動いた歯が、マウスピースをするのをサボることによって元のように戻ってしまうということです。

歯を動かすことは大変で、とても時間がかかるものです。動いた歯は元の位置に戻ろうとする力が働きますので、せっかく動いた歯が、マウスピースの装着をサボることによって、簡単に元のように戻ってしまいます。特に歯がねじれて回転しているような歯は、いったんきれいに並べても、そのまま放っておくとすぐにまた元の方向に回転して戻ろうとしてきます。

このようにマウスピース矯正は取り外しが出来るのがメリットでもあり、デメリットでもあります。ワイヤー矯正では、一旦針金をつけてしまうと、患者様自身で取り外すことが出来ないので、ある意味時間がたつのを待つしかありませんが、マウスピース矯正は自分で取り外しが出来る分、きちんと使い続けることが必要になってきます。

治療が終了した当初は、歯並びがきれいになっても安心せずに、なるべく長い時間リテーナーを装着してもらい、そのうちに夜寝ているときだけつけてもらうように移行していきます。このように、きちんとアフターケアーをすることによって、きれいな歯並びを長期間維持していくことが出来ます。

Q:周囲に気づかれずに前歯の歯並びをきれいにしたいのですが、何か良い方法はありますか?


矯正治療は、ご自身の歯を削ることなく、歯の位置を少しずつ動かしてきれいな歯並びに整えていく施術です。術前の状態によって治療期間は個人差はありますが、平均的に1年~2年くらいの期間を要するケースが多いです。方法としては、歯に直接ブラケットやワイヤーを装着して行うワイヤー矯正と、患者様自身で取り外しのできる透明なマウスピースを使用して行うマウスピース矯正とがあります。

ワイヤー矯正は前歯の歯並びはもちろん、奥歯の歯並びと噛み合わせもしっかり治していく治療で、歯の重なりが大きい方や顎が小さく抜歯をして歯を並べるスペースをつくらないといけない方が適応となります。マウスピース矯正は基本的には前歯の歯並びをきれいにしたい方に適応となり、歯の重なりがそこまで大きくなく、奥歯の噛み合わせや位置関係を動かす必要のない軽度な状態の方が適応となります。

どのような状態でも治療可能であるのはワイヤー矯正であり、奥歯の歯並びは整っていて前歯の歯並びのみをきれいにしたいというご希望の場合で、周囲にわからないように整えたい場合にはマウスピース矯正が最適だと思われます。ただ、術前の歯並びの状態によって治療可能かどうかは変わってきますので、一度クリニックでご相談されることをお勧めいたします。

マウスピース矯正の治療の流れは、診断後まず型取りを行い模型を作ります。その模型上で歯を1本1本分割し、0.7ミリ程適正な歯並びに整えた状態の模型を作ります。その模型で透明なマウスピースを制作していきます。

完成したマウスピースを一日の中でできるだけ長い時間はめて過ごしていただくことで、0.7ミリ程ずつ歯並びを動かしていきます。一度に動かせる幅は決まっているので、それを何回か繰り返し行い、少しずつきれいな歯並びに整えていきます。お食事と歯ブラシの際は外していただきますが、それ以外の時間、付けていただく時間が長いほど早く馴染んでいきます。もちろん、外したいタイミングでご自身で外していただくことも可能です。

術前の状態で必要な回数は変わってきますが、12~15回程度行うケースがほとんどです。1ステップ1か月が目安となるので、1年~2年程で動かす治療は終了いたします。ご自身の歯を削ることなく、矯正治療中であることが周囲にわからないという点が魅力であり、成人の方で始められる方が増えています。

Q:以前にワイヤー矯正していましたが、歯並びが後戻りしてきました。治すことは出来ますか。


以前にワイヤー矯正をしていてリテーナーなどの保定装置をしていないと、元の歯並びに徐々に戻ってしまいます。一度戻ってしまうと保定装置を使用しても、現状維持以上に整えることは難しくなってきます。以前に矯正治療をしたけれど後戻りしてしまった場合、また1から治療しなおすのではなく、ごく短期間のマウスピース治療により、歯並びを整えることが出来ます。

※後戻りとは・・・矯正治療後に、歯が元の歯並びに戻ろうとして動いてしまうこと。完全に戻ることはありませんが、「せっかく整えた歯が少し動いてしまった」とご相談に見える方もいらっしゃいます。

マウスピースによる矯正治療ならワイヤーを着けず、いつでも取り外しが出来る透明なマウスピースを装着するだけです。 治療期間も短く、歯並びの気になるところだけを手軽に治すことが出来ます。いつでも取り外しが出来るので、歯並びを整えながら、ホワイトニングで歯を白くすることも可能。歯並びをキレイにしながら口元も明るくしたい・とご希望の方も安心です。

マウスピース矯正治療の流れとしては、まず初めにカウンセリング(無料)を行い、口腔内全体のバランスや状態をしっかりと把握します。歯並びやお口元の状態によっては、マウスピース矯正が適していないケースもあります。その場合には代替案などをご提供いたします。

次に精密検査を行います。口腔内の状態を複合的に判断するため、正面や横側から口腔内デジタル写真を撮ります。 加えて歯型を造り、治療前後の重ね合わせにより、どのように歯並びが整っていくのか把握し、綿密な治療プランを作成します。

そして診断です。検査の結果にもとづき、具体的な治療の進め方・費用などの説明を行います。マウスピース矯正のステップ数は、現在の歯並びやご希望の歯並びによって変わってきます。矯正治療期間中はカスタムメイドしたマウスピースを装着していただきます。当院では「アソアライナー」という国産のマウスピース矯正をご提供していますので、海外産のマウスピースに比べて開始までがスムーズです。

マウスピースは1ステップ約30日間で、その中でソフトタイプとハードタイプをお使いいただきます。1ステップ終了前に、次のステップの歯型を取り、1mmの移動範囲内で新しいマウスピースを作成します。歯が動く度にマウスピースを作り直すことで、より歯並びを整えることができ、治療プランに沿って正確に治療を行うことが出来ます。また厚みの異なるマウスピースを順次ご装着いただくことで、歯への痛みを軽減する効果があります。

ステップ終了後は保定開始になります。「保定(ほてい)」とは、整った歯並びを、その位置で定着させるためのステップです。最終ステップのマウスピースは保定用です。お1人お1人のお顔に合わせて、もっとも美しく見える歯並びで並んだお口元を、しっかりと定着させるための期間です。これでマウスピース矯正が完了します。1からの矯正とは違い比較的期間も短く、手軽に治すことが出来るかと思います。

マウスピース矯正QA一覧へ戻る

関連メニュー