恵比寿本店 ルミネ新宿店 ルミネ有楽町店


ご自宅にいながらオンライン無料カウンセリングが行えます(メール・skype・LINE・zoom)
→フォームはこちら

セラミック矯正・マウスピース矯正・ワイヤー矯正の比較

「歯並びを治したい」というご希望をお持ちの方に対しての治療には、様々な選択肢があります。それぞれの特徴やメリット・デメリットをご説明いたします。

矯正治療の種類

  • セラミック矯正
  • マウスピース矯正
  • ワイヤー矯正
 セラミック矯正マウスピース矯正ワイヤー矯正
歯並び変えられる変えられる変えられる
歯の色真っ白から清潔感のある白さまで希望に応じて変えられる変わらない変わらない
歯の形変えられる変わらない変わらない
治療期間2~3ヵ月1年~1年半2年~3年
歯を削るか
どうか
削る削らない削らないが抜歯する
メリット短期間で歯の形、色、歯並びを全てきれいに整えられる歯を削らないマウスピースで治せない歯並びも整えられる
デメリット歯を削る必要がある治療完了まで1年以上必要なため、急いでいる方には不向き急いでいる方や治療中の見た目を気にする方には不向き

セラミック矯正

セラミック矯正とは、神経の処置を行い歯の段差や傾きを整えられる状態にした後、白いファイバーの土台を立てた上にセラミッククラウンを装着する治療です。歯のサイズを小さく調整することで、キレイなアーチをつくるスペースをとっていきます。

メリット

  • 歯並びだけではなく歯の大きさ、形、白さなども同時にバランスよく治すことができる
  • 2~3か月程度で完了するので、短期間での治療をご希望の方に適している
  • 2本など、気になる部分のみ少ない治療本数も対応可能

デメリット

  • 神経をとる処置が必要になる
  • 歯を削ることになる

セラミック矯正をもっと見る

マウスピース矯正

マウスピース矯正とは、型取りをした模型上で歯並びを調整し、歯を微量に動かしたマウスピースをはめて少しずつ歯を動かす治療です。ストリッピングという歯と歯の接触部を微調整してスペースをつくり、整った歯並びに仕上げていきます。

メリット

  • 矯正装置であるマウスピースはご自身で取り外しが可能
  • 歯を大きく削ることはない
  • 透明なマウスピースを付けるだけなので、矯正治療中ということが周りにわからない
  • 歯の色を白くしたい方は、同時にホワイトニングできる

デメリット

  • 基本的に側方拡大という方法で歯列を整えるので、軽度な前歯の並びを整える場合に限られる
  • 治療完了まで1年~1年半程度の期間がかかる
  • 歯を動かす動的治療終了後は、固定の期間として数か月間、最終ステップのマウスピースをはめる必要がある
  • 全体を覆うマウスピースをはめるので、口腔内全体での治療になる

マウスピース矯正をもっと見る

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正とは、上下左右4番目の歯を抜歯してスペースをつくり、歯にブラケットという装置を付けて歯を少しずつ動かす治療です。

メリット

  • 歯を削ることはない
  • マウスピースでは適応外の症例や奥歯の噛み合わせも治すことができる

デメリット

  • 上下左右4番目の歯を抜歯してスペースをつくるケースが多い
  • 抜歯後は歯と歯の間に隙間がある状態で数か月過ごすことになる
  • ワイヤーやブラケットは固定式の為、ご自身で外すことはできない
  • 食事中に食べ物がはさまりやすく、虫歯になりやすい
  • 全ての歯に装置を付けるケースが多く、部分的な治療ではない

矯正治療を検討中の方によくいただくご質問

Q:上の前歯2本だけが出っ歯で、それ以外は特に気にならないのですが、部分的な矯正治療は可能ですか?


気になる部分のみを治したい場合は、セラミック矯正が適しています。神経の処置後に歯のサイズをやや小さく調整し、前から2番目の歯の位置まで下げることで、出っ歯を改善することが可能です。一方、マウスピース矯正やワイヤー矯正ですと、お口の中全体的にマウスピースや装置を付けることになるので、部分的な治療ではなくなります。唯一セラミック矯正だけが、気になる部分のみを対象に治療ができる方法になります。

Q:八重歯が気になります。八重歯であることがわからないように、真っすぐな傾きの揃ったアーチの歯並びになりたいのですが矯正治療でできますか?


八重歯をカワイイと認識するのは、日本人の特長のようです。最近は矯正治療で治す方が多く、八重歯であることが完全にわからない状態に仕上げることも可能です。セラミック矯正で前歯6本を治療し、神経の処置後に歯のサイズや形を調整することで、きれいなアーチの歯並びに整えることができます。ちなみにセラミック矯正がお勧めの理由としては、同時に歯肉形成ができる点にあります。歯の生え際の位置を調整することで、歯並びはもちろん歯ぐきのラインも揃えることができるのです。

Q:歯並びを整えたいのですが、見た目が矯正治療中であることがわからないように治す方法はありますか?


見た目に支障が出る治療として挙げられるのは、ワイヤー矯正です。歯に直接装置を固定しているので、一目瞭然に矯正中ということが分かります。見た目が気にならない治療は、セラミック矯正かマウスピース矯正となります。セラミック矯正は、仮歯を入れながらの治療です。マウスピース矯正は、透明な薄いプラスチック製のマウスピースを使用するのでどちらも見た目に影響がありません。現在の歯並びにより、2つの治療がどちらも適応可能な場合は、お好きな治療を選んでいただけます。

Q:歯並びを治す治療を考えているのですが、セラミック矯正、マウスピース矯正、ワイヤー矯正の歯を並べる方法はどのような違いがありますか?


「歯並びをきれいにする」という同じ目的の治療ですが、歯を並べる仕組みが異なります。セラミック矯正は、歯のサイズを小さく調整してバランスよく並べます。マウスピース矯正は、歯と歯の接触部をやすりのようなもので調整してスペースを確保し、歯を並べます。ワイヤー矯正は、基本的に4番目の歯を上下左右4本抜歯してスペースをつくり、バランス良く並べるケースが多くなります。現状からどのように仕上げたいか、ご希望に合わせてご案内いたします。

確保できるスペースの違い

Q:3か月後までに歯並びをきれいにしたいのですが、短期間で治す方法はありますか?


セラミック矯正は平均的に2~3ヵ月で治療が完了しますので、早く仕上げたい方にはセラミック矯正が適しています。マウスピース矯正は平均的に1年~1年半、ワイヤー矯正では2~3年程度の治療期間を要します。治療期間が長くても特に支障がない場合は、どの治療でも対応することができますが、近ごろでは短期間の治療を選ばれる方が多くなっております。

優先順位や譲れないポイントにあわせた選択を

各矯正治療にはメリットとデメリットがあります。治療の選択肢がある場合、どの部分を優先事項と捉えるかはご自身で選んでいただくことが可能です。

関連メニュー