恵比寿本店 ルミネ新宿店 ルミネ有楽町店


ご自宅にいながらオンライン無料カウンセリングが行えます(メール・skype・LINE・zoom)
→フォームはこちら

歯列矯正で治す口ゴボ治療

口ゴボを治すことができる歯列矯正には3つの選択肢がありますが、最近、「矯正したのに口ゴボが治らなった」というご相談を多くいただきます。

口ゴボ治療のポイントはスペースをどれだけ確保し、歯を内側に入れることが出来るか。3つの矯正治療ごとに確保できるおおよそのスペースと、適した口ゴボの度合いをご紹介します。

マウスピース矯正

マウスピース矯正とは専用のマウスピースを定期的に交換しながら装着することで、少しずつ歯並びを整えていく矯正治療です。

確保できるスペース

約0.5cm。マウスピース矯正は歯を抜かない「非抜歯治療」のため、歯を動かせた分しかスペースを確保できません。そのため、適しているのは軽度の口ゴボのみとなります。

メリット

  • 目立ちにくい
    装置(マウスピース)が透明で目立ちにくく、治療中の違和感が少ないため、大人になってからの矯正治療として人気があります。
  • 自由に着脱可能
    ご自身で簡単に着脱可能なため、大切なご予定の際には装置を外して快適にお過ごしいただけます。また、食事や歯磨きの際にも外すことが出来るので清掃性がよく、口腔内・装置ともに清潔に保てます。
  • 治療期間が短い
    治療期間は平均で1年半~2年程度と、ワイヤー矯正に比べると短期間で終了します。
  • 痛みや違和感が少ない
    矯正治療による痛みが比較的少ないです。また装置は薄く、装着時の違和感も少ないです。

デメリット

  • 自己管理が必要
    ご自身で簡単に外せるため使用時間を短縮してしまうと、治療期間が延びてしまいます。十分に効果を出すためには、1日15時間以上の装着が必要です。
  • 後戻りがある
    治療終了後も保定装置の着用が必要です。歯並びが整い装置を外すと、徐々に元の歯並びに戻ってしまいます。動的治療終了後も安定するまでしばらく保定が必要です。
  • 来院回数が多い
    装置はその都度形取りをして作成するため、2週間に1回程度のペースで来院する必要があります。(一度の形取りで複数個の装置を作成する場合、来院回数が減ることもあります)
  • 口ゴボを悪化させる可能性も
    歯並びが乱れていたために収まっていた歯がそろうことで、以前よりも多くのスペースが必要となります。その場合に歯が押し出され、結果的に出っ歯のような状態になってしまうケースもあります。

ワイヤー矯正(抜歯)

ワイヤー矯正とは歯の表面にブラケットを装着し、そこにワイヤーを通して歯を引っ張って動かすことで並びを整えていく矯正治療です。ブラケットは一般的によく知られている金属でできているものと、白くて目立ちにくいセラミックもしくはプラスチックでできているものがあります。

確保できるスペース

約1.5cm。ワイヤー矯正は基本的に歯を抜く「抜歯治療」のため、歯を抜いた分だけスペースを確保できます。一般的には小臼歯を抜歯しますので左右合せて1.5cmほどのスペースを確保でき、軽度~中度の口ゴボ治療に適しています

メリット

  • 着脱等の自己管理の必要がない
    装置は常に歯についている状態なので、ご自身で管理する必要がありません。

デメリット

  • 見栄えが悪い
    歯の表面にブラケットを装着する為、治療中は口元が目立ちます。白く目立ちにくいブラケットもありますが、歯の表面にはどうしても凹凸ができてしまうため審美性が悪いです。
  • 健康な歯を抜く必要がある
    歯を内側に動かすスペースをつくるために、ほとんどのケースで健康な歯を抜く必要があります。奥歯と前歯の間にある小臼歯を左右1本ずつ抜歯するケースが多いです。
  • 痛みがある
    歯を動かす力が加わることで、痛みが出やすいです。また装置が唇や頬に当たり、口内炎ができることがあります。
  • 清掃性が悪い
    一度装着したブラケットは、ご自身では簡単に取り外しできません。装置周辺に汚れがたまりやすく、専用の歯ブラシの使用が必要なため歯磨きに時間がかかります。
  • 治療期間が長く、価格が高い
    治療費は100万円以上かかるケースが多いです。治療期間は2~3年ほどかかり、診療回数も多いため診療費がかさむこともあります。
  • 後戻りがある
    治療終了後も保定装置の着用が必要です。歯並び整い装置を外すと、徐々に元の歯並びに戻ってしまいます。動的治療終了後も安定するまでしばらく保定が必要です。

セラミック矯正

セラミック矯正とはご自身の歯を土台として残し、上からセラミックでできた歯をセットすることで、歯並びと同時に色や形を整える矯正治療です。

確保できるスペース

約1.5cm。歯をセラミックの土台として残すため、「非抜歯治療」も可能。歯並びが大きく乱れたの口ゴボの場合には、抜歯をしてスペースを確保することも出来ます。骨形成を必要としない中度~重度の口ゴボ治療に適しており、歯の色や形も同時に整えることが出来るのが大きなポイントです。

メリット

  • 治療期間が最短
    矯正治療の中では最短の1ヶ月半~3ヶ月程度で歯並びが整います。
  • 歯を抜くことなく矯正可能
    ご自身の歯を土台として残すので、歯を抜く必要がありません。(ただし歯並びによっては抜歯が必要なことがあります)
  • 理想の歯並びを実現しやすい
    歯並びだけでなく、歯の色や形も変えることが出来るので理想の口元により近づくことができます。仮歯で最終仕上がりをシュミレーションできるので、こだわりがあっても安心です。
  • 軽度~中度の口ゴボを改善
    セラミック矯正で歯を動かせる範囲は1.5㎝程度。かなり大きく並びを変えることが出来るので、骨形成を必要としない口ゴボは改善できます。
  • 後戻りしない
    セラミック矯正の場合は並びを整えた後に元の並びに戻ってしまうことはありません。

デメリット

  • 奥歯の噛み合わせは変えることが出来ない
    セラミックをセットする部位のみ歯並びを整えるため、未治療部位の噛み合わせは変わりません。
  • 神経を残せないことがある
    大きく傾きを変える場合、神経を抜き土台をたてる必要があります。

より審美性に優れているのはセラミック矯正

セラミック矯正で口ゴボを治療する最大のメリットは、仕上りを仮歯でシュミレーションできること。口ゴボ治療のポイントはEラインと言われ、横からお顔を見たときに口もと(唇)が鼻先から顎先を結んだラインよりも、内側に位置するのが理想です。

実際に唇の閉じやすさや口元の出っ張り具合を確認して頂きながら、仮歯を整えていくことで、より理想の仕上がりに近い状態でセラミックを作成できます。また歯の傾きや並びを整えるだけではなく、歯の形や色をお好みに合わせて作成することができるため、口もとの美しさも実現できます。

実際に「この芸能人のような口元になりたい」と写真を持参されるケースも多くあります。理想通りに口ゴボを治療したい場合には、セラミック矯正がお勧めです。

口ゴボ治療についてのQA

当院に多く寄せられる、口ゴボ治療についてのQAをご紹介しています。

口ゴボ治療 QA



11月に向けて事前カウンセリング受付中 期間中、ルミネカードでご決済の場合に10%OFF価格にて治療を受け付けます。ただ今事前カウンセリング受付中です。
例)シンプルオールセラミック1本(税別・仮歯別)
・通常料金:¥108,000
・期間中料金:¥97,200

詳細な金額やお見積り、お支払い時期のご相談等、お気軽にお問合せください。ネット決済やお振込による治療費のお支払いも受け付けております。


10/1より、当院でのすべての審美歯科治療(自費治療)に地域共通クーポンがお使いになれます。完全予約制ですので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

関連メニュー