恵比寿本店 ルミネ新宿店 ルミネ有楽町店


zoomで無料カウンセリング受付中!お支払いはネット決済にも対応。来院回数を抑えて治療が行えます。
→まずは無料カウンセリング

出っ歯じゃないのに唇が前に出ている

唇にコンプレックスをお持ちの方で「歯並びは良いのに唇が上にめくれている」「出っ歯ではないのに唇がまえに出ている」とお悩みの方が多くいらっしゃいます。

原因がわからず、どこに相談していいのか分からないという方もいるのではないでしょうか。なぜ唇が前に出っ張っていたり、膨らんでみえてしまうのか、考えられる原因を医師の目線でご紹介します。

唇が膨らんで見えてしまう4つの原因

1.歯並び

上下どちらかの前歯、または上下両方の前歯が前方に傾き、唇を押し出していると唇が膨らんで分厚く見えてしまいます。一見歯並びが整って見えても、実は正常の歯の位置からずれているケースがあります。唇に影響を及ぼす歯並びの乱れの代表的な例として出っ歯が挙げられますが、歯のねじれや八重歯、1~2本程度(少数歯)の歯並びの乱れなども、唇の形に影響します。

よくあるケース

  • 前歯一本だけ(もしくは数本)がねじれていて、唇が上にめくれている
  • 前歯が横並びに綺麗に並んではいるが、全体的に垂直方向ではなく前方に向かって(やや出っ歯気味に)歯が生えている
  • 上下の前歯がしっかり噛み合わせており、並びは正常に思えるが上下とも歯が前方に傾いて唇を押し出している

前から見ると歯並びが整って見えるが

横から見ると歯が前方へ傾いている

口呼吸

唇の厚みがある方に多い癖が、口呼吸です。日常的に口で息を吸ったり吐いたりすることで、唇が乾燥しひび割れなどのトラブルを繰り返します。唇に刺激が加わり続けることで、角質層に厚みがでて唇が厚くなってしまいます。

意識的に口を閉じ、鼻で呼吸をしましょう。口呼吸になっている原因が歯並びや鼻炎などの場合、自分で改善することは難しいため、それぞれ歯科医院や耳鼻科などの専門機関にて治療を受けることをおすすめします。

口元の筋肉の衰え、たるみ

口周りの筋肉がおとろえて痩せてきたり、たるみがおきると、唇が実際に突出しているわけではないのに目立ってしまうケースがあります。口元の筋肉は会話や食事など日常的に使われているイメージがありますが、近年、デスクワークが多い職業や一人暮らしなど、会話をする機会が少ない方が増えています。また、食事内容も噛み応えのある昔ながらの日本食とは異なり、柔らかく簡単に飲み込みやすい食べ物を好んで取っている方も少なくないでしょう。噛み応えのある食事を積極的に取ったり、口まわりのトレーニングをして意識的に筋肉を使い、鍛える必要があります。

遺伝

遺伝により唇の厚みがもともと分厚い方がいらっしゃいます。この場合、ご自身の生活習慣の見直しで改善することは難しいため、美容外科等の専門機関に相談することをおすすめします。

まずは専門機関でご相談を

唇の向きなどにコンプレックスがある場合、ご自身で原因を判断することは難しいです。専門機関に相談し、原因と、どのような治療方法があるか知ったうえで、改善方法を検討しましょう。

当院にも多くの方がご相談に来院されたり、LINEでのご相談を希望されています。まずはお気軽にご相談ください。

今ならzoom相談受付中!

より気軽に相談したいという声をいただき、zoomでの相談をスタートしました。ドクターが1対1で相談に応じますので、ご自宅などでリラックスした状態でご利用ください。

専用フォームへ

関連メニュー