恵比寿本店 ルミネ新宿店 ルミネ有楽町店


新型コロナウィルス(COVID-19)の流行による院内感染を防ぐため、当院では徹底した消毒およびスタッフのマスク装着を励行しています
→当クリニックの消毒・滅菌について

口ゴボ治療Q&A

Q:口ゴボは美容整形をしなくても治りますか?


多くの場合、整形手術なしで治すことができます。

美容整形でも骨を削ることにより口元の突出感を改善することはできますが、大掛かりな外科手術を行うと副作用や痛み・腫れが伴うダウンタイムがあることや、数日間の入院が必要になるケースがあります。重度ではない場合は骨を削らず、前歯のセラミック矯正で治すことができるため、日常生活に支障を感じず治療中の見た目も違和感なく改善することができます。

当院で行っているセラミック矯正は歯を小さくして内側に入れることで、前から見ても横から見ても自然で整った、後戻りのない治療法で行っています。理想のお口元になるように全体のバランスを整え、最終的なセラミックの形態に近い仮歯を当日に作製し、ご希望に合った歯の大きさや形、グラデーションや艶、透明感などをご相談いただきながら仕上げていきます。

治療期間は平均2~3ヶ月と短期間で、ダウンタイムもありません。快適に口ゴボを改善でき、理想のお口元にすることができます。

Q:口ゴボ治療で横顔を治すことはできますか?


顔を横から見たときに「Eライン」という基準があります。正式には「エステティックライン」といい、鼻の頭と顎の先を直線で結んだラインのことで、鼻の頭と顎先を人差し指でくっつけたときに横から見て唇に指がつかない、もしくは少し触れる程度の状態が綺麗な横顔(Eライン)と言われています。

当院では前歯で押されていた唇の突出を内側に納めて理想とされているEラインにするため、口ゴボ治療時に前歯を小さくして内側に入れ、セラミック矯正で全体的なバランスを整えます。笑ったときに見える上の歯の先端のラインと下唇のラインを一致させ、キュッと引き締まったスマイルラインとともに、綺麗で美しく見える横顔へとすることができます。もちろん同時に、口ゴボの状態もキレイに改善されます。

セラミックを最終的にセットする前には、事前にしっかりとシュミレーションができるよう、完成形に近い仮歯をお作りします。治療終了後のEライン、スマイルラインをしっかりとイメージできますので、安心して施術を受けていただけます。

Q:口ゴボの治療ではどのようなことをしますか?


まずは無料カウンセリングにて問診を行います。現在のお口の状況を確認しながらご希望などを詳しく伺い、治療プランを一緒に考えていきます。プランが決定しましたら初診時のお口の模型をとり、口腔写真やお顔全体の写真撮影を行います。

歯が前方に突出して口元がモコっとした感じ(いわゆる出っ歯の状態)はセラミック矯正でキレイに整えることができますが、前歯が大きく前方に傾いている場合は歯を多く削ることになるため、必要に応じて神経の処置を行うケースがあります。神経の処置を含め、治療中には痛みを感じないように、"痛くない麻酔"を行っておりますので痛みが心配な方、不安な方はお気軽におっしゃって下さい。

神経を取り除いた後は、根っこの中をしっかりと消毒し、先端まですき間がないようにお薬を詰めます。その後白いグラスファイバー製の土台を立て、理想の大きさや形に整えた仮の歯を当日中にセットします。この仮歯の状態で理想の角度や大きさ等の仕上がりを調整し、数日程過ごしていただきます。

仮歯で問題が無ければ、最後にセラミックを作るために本番の型取りやお口の写真撮影、歯のお色・グラデーション・艶・透明感などをご相談いただきながら理想に合ったものを決めていきます。本番の型取りをしてから2週間ほどでセラミックが仕上がり、セットして治療は終了です。

ここまでの治療の流れでかかる期間は、通常、平均で2~3ヶ月です。もしお時間のない方や遠方から来院される方には、お1人お1人のスケジュールに合わせた特別な対応が可能です。ご希望に合わせた対応を行っておりますので、まずはお気軽にご要望をお聞かせください。

出っ歯治療のQAはこちら

ドクターへのメール相談はこちら

関連メニュー