恵比寿本店 ルミネ新宿店 ルミネ有楽町店


医療費控除について

医療費を一定金額以上支払った場合に適応される医療費控除をご存知ですか?

1/1~12/31までの1年間に、生計をひとつとする家族全員の医療費が10万円を越えた際に対象となります。病気やケガはもちろん、特定の歯科治療を受けた際にも適応されるのです。簡潔に言うと、申請を行うことで治療にかかった費用の一部が戻ってくるシステムです。

公共交通機関を利用しての交通費も対象となりますので、医療費を計算する際は注意しましょう。

対象となる治療項目

  • セラミック治療
  • マウスピースやワイヤーなどの矯正治療(噛み合わせの改善を目的としたもの)

申請に必要なもの

1.源泉徴収票

2.治療費の領収書

平成29年度より提出は不要ですが、税務署から提示もしくは提出する場合があるので5年間保管する必要があります。

3.医療費通知

医療費通知がある場合は、添付することによって医療費控除の明細書の記載を省略することができます。

4.交通費の領収書

5.医療費控除の明細書

必要事項を記載し、提出します。税務署や役所でもらうか、国税庁の確定申告書作成コーナーから案内に従って入力することで簡単に申告書を完成させることもできます。

医療費控除シミュレーション

  • 課税所得額 4,000,000円
  • 1年間の医療費の合計600,000円の方の場合

【所得税額を算出】
4,000,000円(課税所得額)×20%(所得税率)-427,500円(所得控除額)=372,500円

【医療費控除によって実際に返ってくる金額(還付額)】
500,000円(医療費控除額)×20%(税率)=100,000円
※ 医療費控除額は、医療費の合計から「10万円」および「保険金・一時金」が差し引かれた金額です。

所得税で納めた372,500円のうち、100,000円が還付されます。

※住宅ローン控除など、その他の所得控除は加味しない数字です。
※諸条件により実際の金額とは異なる場合もありますので、あくまで参考としての数字となります。



関連メニュー