ご予約 写メ相談

審美歯科ホワイトホワイトのキャンペーン

セラミックインレー

奥歯の詰め物を白く美しいものに

今までの詰め物を、白く美しい詰め物に替えたい方に適しています。

上下の前歯の次に、下の奥歯は目立ちます。お口を開けた時に奥歯の色が気になるという事で、自然で美しい詰め物を希望される方が増えています。

また、金属の詰め物は審美的な問題だけでなく、金属アレルギーも引き起こします。セラミックインレー、またはハイブリッドセラミックは金属を全く使用しませんので、アレルギーの方にもご安心頂けます。

昔の治療と現在の審美歯科との詰め物の違い
保険などによる昔ながらの金属の詰め物の場合、接着には練ってつける古いタイプのセメントを使います。このセメントは年数が経つと溶けて水分を含み、金属の内側で二次カリエスという虫歯を引き起こしてしまいます。最近ではこれらの詰め物を、歯と一体化する形のセラミックインレーにする方法に変わってきています。

総院長によるカウンセリングを行います

ラミネートベニアを行う前に、きちんとしたカウンセリングを行っています。ご希望の色や形を細かくお伺いし、手順を丁寧に説明します。

治療中にも各段階で細かな調整を行いながら、1人1人のご希望に沿った、最大限美しさを引き出せる治療をご提供します。

当院で使用するインレー(詰め物)

審美性・耐久性に欠けるタイプのインレーは使用しません

例えば…
・金や合金など、素材に金属を使用するタイプ
・レジンなど、見た目は白いがプラスチック素材が主体のタイプ

ホワイトホワイトでは、審美性や耐久性に優れたセラミックインレーを最もお勧めしています。患者さまの歯の状態や噛み合わせなどから判断し、長期的に美しさ・実用性を保つものをご提供します。

横顔も美しく

当クリニックではプランを立てて行く時に、日常の笑ったり口を大きく開けたりするときにも、最も美しく見えるようにインレーの仕上がりを計算していきます。

通常、前から見た笑顔の時と、横から見た笑顔の時に、見える歯の位置が大きく異なります。横から見ても全ての歯が白く美しく、自然なバランスで並んでいるように、細かな調整を行いながらセラミックインレーを仕上げていきます。

ピンク色のラインが、正面から笑顔を見たときに、見える歯の位置です。多くの方は前から3番目の歯までが、正面からよく見えます。

一方、笑顔や口を開けたところを横から見た場合、正面から見るよりも多くの奥歯が見えます。審美歯科ではこの部分の奥歯もきちんと白く美しく、自然なバランスで見えるようにインレーを仕上げていきます。写真はイメージモデルです

治療後も安心の保証とメンテナンス

当院では、半年に1回のセラミックチェックによる5年保証をお約束しています。

セラミックチェック詳細へ

治療例を見る

関連メニュー