ご予約 写メ相談

 

テトラサイクリン歯(着色歯)でお悩みの方

テトラサイクリン歯とは

テトラサイクリン歯が出来てしまう主な原因は、幼少の頃にテトラサイクリン系の薬物の摂取だと言われています。テトラサイクリン歯は色の濃度によって4段階に分けられ、数字が大きい程着色の度合いは強くなります。

歯の着色は日光に当たることで、少しずつ強くなってしまいます。白くしたい部分や程度のご希望をお聞きしながら、一緒に審美歯科ならではのプランを組み立てていきましょう。

縞模様が特徴的なテトラサイクリン歯

テトラサイクリン歯を白くキレイにするには

1.ラミネートべニア治療

ラミネートベニア治療とは、歯の表面をごく薄く削り、セラミック製の白いシェルをセットする審美歯科ならではの治療法です。歯を削る量が少ないので身体への負担を少なく、歯の神経を残して行うことが可能です。

テトラサイクリン歯をラミネートベニアで行う場合、歯の縞模様が薄いシェルから透けてしまわないよう、審美的に優れた特殊な接着剤を使用します。また、ご希望の白さと明るさに調整することができるので、多くの方は複数本をまとめて行うケースが多いです。

下の歯や周囲の歯の色にとらわれず、思い切った白く明るい色にすることができる点が、複数本をまとめて施術する最大のメリットです。

ラミネートベニアをセット。歯のすき間なども治せます

テトラサイクリン歯でも笑った時に白い歯がとてもキレイに見える仕上がりとなり、大変喜んでいらっしゃいました。「以前からのテトラサイクリン歯のコンプレックスがなくなり、自信が持てるようになりました」とおっしゃって頂きました。

ラミネートべニアを詳しく見る

2.オールセラミッククラウン治療

セラミッククラウンは、歯をぐるりと削り、オールセラミックのクラウン(かぶせ物)をセットします。ラミネートベニアでは歯の形に沿ってシェルをセットするためある程度の制約がありますが、セラミッククラウンは歯の色だけでなく、歯の形や大きさ・歯並びも同時に、審美歯科ではよりキレイに整えることができます。

もちろんグレーの縞模様は完全に消え、ご希望の白さと明るさに仕上げることが出来ます。セラミッククラウンで複数本被せることにより、下の歯や周囲の歯の色にとらわれない思い切った白く明るい色をセットされるケースが多いです。

ホワイトホワイトではプラスチックや金属を含まないオールセラミックのクラウンのみを採用していますので、長期に渡って、自然で白く美しい状態をキープすることが出来ます。

オールセラミッククラウンをセット。歯のサイズや歯並びも整えられます

「もう以前のように口に手を当てて笑わずに済む」とおっしゃっていただき、お顔全体が明るく、印象ががらっと変わったように見えました。

セラミック治療を詳しく見る

3.ホワイトニング

審美歯科のホワイトホワイトでは、ホワイトニング効果の高い最新のジェルのみを使用しています。根元付近のブラウンやグレーの縞模様を完全に消す事は出来ませんが、色をかなり薄くすることが出来ます。特に先端近くのグレーの歯質は、かなり白く明るくなります。

ホワイトニングは施術を繰り返すことで白さが定着し、より白さと明るさをステップアップさせていくことが出来ます。目立つ歯の先端部分が明るくなるだけで、お顔全体が明るく見え、何よりも歯を削らずにできるという点が、多くの方の支持を集めています。

ホワイトニング後。完全に白くはなりませんが、縞模様が薄くなり、明るくなります

ホームホワイトニングも熱心に行って頂き、歯の先端部分を含め、かなり白く明るい状態になりました。現在も定期的にフォローアップに通われており、「歯を削らずにここまで目立たなくなって嬉しい」と満足して頂いています。

ホワイトニングを詳しく見る

関連メニュー