English

中文网站

恵比寿本店 ルミネ新宿店 ルミネ有楽町店


ルミネカードで審美歯科治療がいつでもお得に →お得になる方法をチェックする

セラミック治療QA

Q:セラミック治療とは、どのようなものですか?


ご自身の歯を削り、セラミックをセットする自費治療です。セラミッククラウン(被せもの)、ラミネートべニア(薄いシェルを前歯にセット)、セラミックインレー(詰めもの)、セラミック矯正(複数本のセラミック治療)などを総称して「セラミック治療」と呼びます。

ここではセラミッククラウン(被せもの)の治療についてご説明します。治療の流れは、歯の神経の治療が必要かどうかによって手順と期間が違ってきます。

神経を取らない場合、麻酔をして歯を削り、ご自身の歯を土台にします。続いての型を取り、仮歯用のセラミッククラウンを作成します。2週間程でセラミッククラウンが出来上がりますので、削った歯の上にセラミッククラウンをセットします。

神経の治療が必要な場合には、麻酔をして神経をの処置を行います。神経の治療で数回(平均2回)来院していただき、神経の治療が完了後、グラスファイバー製の白い土台を立て、仮歯を作成します。追って歯の型を取り、セラミッククラウンが出来上がりましたらセットしていきます。

以前に神経の治療をされていて、きちんと治療されており神経の再治療が必要ない場合、歯を削りグラスファイバーの土台を立てて仮歯にします。また他院で治療した古いクラウンの再治療の場合には、古いクラウンを削ってはずし、土台の状態を確認します。必要であれば新しくグラスファイバーの土台を作り、その上に仮歯をセットします。後日、型取りにより完成した新しいセラミッククラウンをセットして完了です。

一般的に、神経の治療が必要な場合には治療手順が増えるため期間が長くかかります。治療していただく歯の本数や状態にもよりますが、神経の治療が不要な場合は1~1.5か月、必要な場合は2~3か月が治療期間の目安となります。また、セラミック治療される歯以外の周りのご自身の歯をホワイトニングで白くしていただき、その白さに合わせてセラミックをセットすると、よりきれいな白さに仕上がります。そうすることで、見える範囲の歯を白くきれいな歯並びに整えることも可能です。

仕上がりのイメージをカウンセリングで詳しくお伝えいただき、治療途中の仮歯の段階でシュミレーションして確認しながら治療を進めていき、ご希望の状態になることを目指しております。ドクターと、患者様お1人お1人との信頼関係を大切にしておりますので、一緒にキレイを目指しましょう。

関連メニュー