恵比寿本店 ルミネ新宿店 ルミネ有楽町店


zoomで無料カウンセリング受付中!お支払いはネット決済にも対応。来院回数を抑えて治療が行えます。→まずは無料カウンセリング

出っ歯治療QA

Q:口が少し開いてしまい、力を入れないと閉じることができません。出っ歯を治せば改善できますか?


出っ歯を治すことで口の閉じにくさを改善することは可能です。口が閉じにくい原因が歯の出っ張りであれば、セラミック矯正等で歯並びを整えることで改善することが出来ます。意識的に唇に力を入れないと口が開いてしまう原因を正しく認識し、治療方法を選ぶ必要があります。

口が開いてしまう原因4つと治療方法

口ゴボ、出っ歯
お口元全体が突出している口ゴボや、前歯が前方に傾いている出っ歯の方は、歯や骨が唇を押し出して口元が膨らむだけではなく、口が閉じにくい症状でお悩みの方が多いです。出っ歯の場合、歯列矯正やセラミック矯正によって歯並びを整えることで、口を閉じやすく改善出来ます。軽度~中等度の口ゴボの原因のほとんどが歯並びの乱れによるもので、こちらもセラミック矯正によって改善することが出来ます。重度の口ゴボの場合、歯を支える顎の骨の形態が膨らんでいたり、大きいことで口元の出っ張りに影響しています。この場合はセットバック等の外科処置が必要になります。

出っ歯治療を詳しく見る

口ゴボ治療を詳しく見る

受け口、しゃくれ
軽度~中度の受け口の場合、歯列矯正やセラミック矯正で噛み合わせを整えることで改善し、唇がめくれあがっていた状態から、自然に口が閉じるようになります。重度の受け口・しゃくれの場合は矯正治療だけでは改善が難しいため、外科処置が必要になります。

セラミック矯正を詳しく見る

アレルギー性鼻炎、花粉症
アレルギー性鼻炎や花粉症の代表的な症状にはくしゃみや鼻づまりがありますが、なかでも重度の方は一日中鼻閉しており、口呼吸を引き起こしてしまいます。口呼吸をしている方は口が開いた状態も長期的に続き、むし歯や歯周病、感染症にかかりやすくなってしまいます。専門機関を受診し、治療することがのぞましいです。

開口
奥歯を噛み合わせた時、上下の前歯が接触しない歯並びの方を開口といいます。開口の場合は同時に口もとの出っ張りが目立つ方が多く、唇に力を入れないと口が閉じにくい場合がほとんどです。開口になる原因は小さい頃の指しゃぶりや爪噛み、遺伝的要因などが挙げられます。治療法は癖の改善と歯列矯正です。

無理に力を加えていると思わぬ弊害も

力を入れないと口が閉じない状態が続くと、お口元まわりに余計な筋肉が発達したり、あごにシワがよってしまうこともあります(梅干しジワ)。セラミック矯正なら前歯の気になる歯並びや傾きなどを細かく整えることができますので、お悩みをお持ちの方はぜひお気軽にご相談ください。お1人お1人に合わせた治療プランをご提案させて頂きます。

Q&A一覧に戻る

関連メニュー