恵比寿本店 ルミネ新宿店 ルミネ有楽町店


zoomで無料カウンセリング受付中!お支払いはネット決済にも対応。来院回数を抑えて治療が行えます。
→まずは無料カウンセリング

セラミック矯正QA

Q:一度入れたセラミックは一生使えますか?一生ではないなら、どのくらいの期間使えるものでしょうか?


当院で使用しているオールセラミックは経年劣化を起こしにくい素材を採用しています。具体的には、"変色を起こさず汚れが付きにくい"、"酸化や腐食に強く化学的に安定している"などの特徴があり、セラミッククラウン自体の寿命はなく、欠けたり割れてしまうことがない限り半永久的に安定した状態で使用できます。

審美面では特に優れていて、天然歯と見分けがつかないほどの自然な色味や透明感を再現することができます。土台や被せ物のない面(裏側など)にも金属を使用していないため、金属イオンが歯ぐきに溶けだして起こるブラックマージン(歯ぐきの黒ずみ)の心配もなく、金属アレルギーの方でも安心してご使用いただけます。

また衛生面でも優れており、素材自体が変色しないだけではなく、表面に汚れや着色がつきにくいため長期的に見た目も美しく、清潔に保つことが出来ます。天然歯やレジンを含む被せ物に比べて、表面が滑らかで、むし歯や歯周病の原因となるプラークも停滞しにくく、土台の歯を健康に保つことが出来る点も大きな特長です。

割れたり欠けたりする原因は?

割れたり欠けたりする原因として、噛み合わせの変化によってセラミック部分に負荷がかかることや、日常的な歯ぎしり等が挙げられます。

セット時にはセラミック部分への負荷がかかりにくいように全体の噛み合わせを調整しますが、時間経過と共にさまざまな要因により噛み合わせの変化が起こります。噛み合わせの変化が起きる主な要因として、複数の歯科医院で別の部位の治療を受けることが挙げられます。被せ物や詰め物をセットすることで噛み合わせは変わります。別の部位の治療であっても、形態が変わると全体の噛み合わせに影響があるため、セラミックをセットした医院でもチェックして頂く必要があります。

また歯ぎしりや食いしばり、噛み癖などでご自身の歯がすり減り、セラミック部分に強い負荷がかかるようになってしまうケースもあります。この場合、ご自身で噛み合わせの変化に気づくことが難しいため、定期的なチェックが必要になります。

  • 他の歯を治療して、かみ合わせが変化した
  • 歯ぎしりや食いしばりなどのクセ
  • 転倒などの事故

セラミックを長く使い続けていただくために

セラミックの破損は、ほとんどの場合未然に防ぐことができます。定期的な噛み合せのチェックはセラミックへの負担を軽減できるので、とても重要です。当院では通常、半年に一度のペースで受けて頂くことをお勧めしています。また、歯ぎしりや食いしばりが癖づいている方はリスクが高いため、噛み合わせのチェックに加え、ナイトガードの着用がおすすめです。

その他のセラミック治療後の変化としては、セラミッククラウン自体の劣化(寿命)ではなく、それを支えている土台の歯ぐきが加齢や歯周病等の要因で下がることによる不具合が挙げられます。その変化を見越し、セット時にはあらかじめ歯ぐきの0.5mm内側からセラミックを立ち上げることで、歯ぐきの退縮が起きても隙間ができにくいようにしています。

Q&A一覧に戻る

関連メニュー